家のデザインなど納得がいくものにする|マイホーム・デザインプラン

House

フクシマ建設に依頼

House design

フクシマ建設では、不動産の売買をしている他にも様々な目的に合わせて利用することが出来ます。また、広い範囲でフクシマ建設を利用することが出来るので気軽に利用することが出来るといえるでしょう。

Read More

家づくりのポイント

House design

デザインにこだわった家づくりが最近のトレンドであり、予算に合わせて価格帯が二極分化しているのが最近の特徴です。また従来は面積を重視する傾向が強かった一方で、最近ではデザインと快適性の両立を考えるのがトレンドです。

Read More

デザイン性の高い家

デザイン性を何に求めるか

House design

家を建てる際、特に注文住宅を建てる際にはデザイン性の高い家というキーワードは多くの施主から重視されがちです。しかし、一口にデザイン性の高い家と言っても、そのデザイン性を何に求めるかによって対応すべき方法が変わってきます。 注文住宅を建てる際には設計事務所、ハウスメーカー、工務店の3者が発注先としての選択肢になります。 デザイン性を求める対象が間取りである場合は、デザイン事務所に発注をすべきです。ハウスメーカーは基本的な形のパターンが決まっているため、それを逸脱するような間取りとなると費用が大きく増すからです。また工務店はそもそもデザイン性で勝負するという発想が少ないです。 一方、家の中に装飾等を施すことでデザイン性を求める場合はハウスメーカーに頼んだ方が外部の個別メーカーとの接点が多いため、選択肢が豊富に、そして安価になる可能性も大きいです。

工夫次第で安価な方法も

デザイン性を求めらば求めるほどコストが上がるというメカニズムは昔から変わりません。 しかし装飾の部分に関しては、その傾向は以前と比べれば薄れてきています。 というのもそれぞれのパーツが種類や色も豊富になって、選択肢を検討すれば、効率的に対応ができる可能性が高まっているからです。 例えば庭の部分をウッドデッキやタイルテラスにしようとすると、下地をコンクリートで整えた上でウッドを組んだりタイルを貼ったりしますのでコストが高くなってしまいます。しかし、これをインターロッキングという素材で組めば、コンクリートの下地が不要な分、コストが大きく下がります。一方で、インターロッキング自体多くの種類の色がありますので、一色のみの利用にしても、複数の色を組み合わせるにしても、デザイン性の高い庭を構築できることに変わりないといえるのです。