家のデザインなど納得がいくものにする|マイホーム・デザインプラン

House

家づくりのポイント

二極分化する価格帯

House design

マイホームを新築する場合には、暮らしやすさを追求する以外にも、建物外部や内部のデザインにもこだわるのが一般的です。またローコスト住宅も登場しているので、20代で初めてマイホームを購入するのが最近では静かなブームです。また費用を考慮しながら家づくりを考える人が多く、予算に合わせて建築費用が二極分化しているのが最近の特徴です。特に40歳以上の人が建て替えで家づくりを考える場合には、大手住宅メーカーの完全オリジナルの建築プランを選ぶ傾向も強いです。その一方で若い世代が初めての家づくりを実現する場合には、坪単価が30万円台のプランを選ぶのが平均的です。その場合にはインテリアにこだわりながら、個性的なデザインの住まいを実現するのがトレンドです。

家づくりの歴史とは

従来型の家づくりの最大の課題は、家族一人一人が独立した空間を持てるように、十分な面積を確保することです。しかしゆとりのあるマイホームが実現できるようになった現在では、個性的なデザインを求める姿勢が顕著です。そのために木造建築の純和風住宅以外にも、輸入建材を活用した北米型の住宅やヨーロッパ風の建築様式など、近年はデザインの多様性が特徴的です。またデザインだけにこだわるのではなくて、快適な居住環境を実現することが、最近では最も重視されている点です。したがって人間工学の観点から設計が行われたり、動線を考えて設備の配置を決めるのが最近のスタイルです。またIT化の進展で設計ソフトも活用されるようになり、デザインの多様性が最近の特色です。